2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫
Page.196

最初の予定より2週間もずれて母が退院しました。
結局、2週間の予定が1か月の入院となりました。

体重も12キロ減で戻って来ました。
と言う事は、母の身体から12キロの水分が抜けたと言う事です。
しんどかったと思います。
12キロも水分溜めこんでいたのですからね。

今は食欲もあり、体重も37キロをキープしています。

ところがぁ・・・
母が死守してた薬の管理が出来なくなりました。
あんなに強固に薬に手を出されるのを嫌がっていたのに、今はもう言われたままに薬を飲みます。
言われたままと言う事は、私が指示しなければ母は薬を飲むことが出来なくなりました。

入院中に点滴治療から飲み薬に変わった時点で、薬の量も種類も変わってしまったので母はそれに対等出来なかったようです。
腎臓の薬と呼吸器の薬とそして食後2時間の薬を管理するのは大変だと私も思います。
私ですら間違いそうになります。

食事制限も厳しく指導されているので今は昼のごはんと夜のごはんを作って運んでいます。
その時に、目薬もさして、食後の薬を飲ませて帰ってきます。
食間の薬は父に、頼んで帰ってくるのですが。
父も82歳ですので、危ういです・・・

薬が見える透明のウォールポケットを買って、6カ所の透明のポケットに、朝昼夜食後2時間の薬と、朝昼夜の薬のと書いてます。
昼食後、昼の食後2時間の薬だけと夕食後に、あくる日の朝の薬と朝食後2時間の薬だけセットして帰ってきます。

まぁ、この生活のリズムを作るまで私は外出する時間はなさそうです。

たった1か月だったのに、母にとっては1か月の入院はかなりのダメージだったようです。
頭のMRIの結果は年相応と言われました。
認知症のテストの結果も、年相応ぐらいと言われました。
正直主治医からは、もっと悪い結果が出るかと思いました。
でも、認知症テストの点数は他の人に聞いてもそうでも無いようなのですが、母の噛みあわない言動は度を増してきてます。
退院して数日なので、又落ち着いてくるのかもわかりませんが・・・ちょっと大変です。

 にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ

訪問して頂きありがとうございます。
ランキングに参加してます。
ポチっとよろしくお願いします

スポンサーサイト

Page.195

今日も面会に行ってきました。
時々やっぱりヘンテコな事を言います。
薬の事であったり、吸入している酸素の事だったりです。
その中で、特に今週気になったのは食事の内容が変わったとしきりに言います。
今までは、食事の献立の紙を必要なから捨ててと言ってたのに、今日は捨てるよと言うと必要だから置いててと言います。
そして、私の食事が変わってんと又言います。
何故そのような考えになってしまうのか良くわかりません。

日に日に口数も少なくなって来て、トイレに行って帰って来てもしんどいしんどいと言います。
これから病院へ通う時も自力で歩いて病院内を歩けないのではないかと思います。

明日は又胸部CT検査と血液検査があるようです。
18日にも血液検査をしてるのですが、その検査結果はもらっていませんでした。

昨日、認知症の検査をしてもらったようです。
その結果を帰りに女性の先生がいたので聞いてみました。
頭のMRIの検査結果は同じぐらいの年齢の人と変わらないようです。
以前からある軽い脳梗塞の箇所も増えているようですが、同じ年の人の脳の中と変わらない程度だったようです。
ただ、聞き取りの検査では若干認知症の症状があったようです。
立ち話だったので詳しい説明ではないのでよくわかりません。

どちらにしても、退院してきても食べたい物も食べれないし体の不自由はあるし、体もしんどいし・・・母の毎日は気分のすぐれない毎日になると思うと可哀想だと思います。
どうすれば母が楽しい気持ちになってくれるかと考えてしまいます。

 にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ

訪問して頂きありがとうございます。
ランキングに参加してます。
ポチっとよろしくお願いします。
Page.193

今日は面会に行きませんでした。
昨日面会に行った時に薬が母のテーブルの上から撤去されていました。
どうも母が食間の薬を飲まなければならなくなったので、薬を間違って飲んでしまうようです。
今回の入院前まではしっかり薬は自分で管理していたのに、看護士さんがおっしゃるには退院してからも薬の管理はご家族でお願いします、と言われました。
母は入院の度に弱って行ってます。
それと一昨日も母が言うのですが、「食事が変わった」と言います。
普通の食事とは違う・・・と言います。
元々普通食では無いです。
腎臓食です。
何故そんなことを言い出したのかわかりません。
思い込みからそういう発言になっていると思うのですが、何の思い込みなのかよくわかりません。

母が帰って来てからの食事をどうしようかと毎日考えます。
指導された一日のタンパク質量と塩分量で考えるとどうしても総カロリーが足りません。
どうしましょう~

 にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ

訪問して頂きありがとうございます。
ランキングに参加してます。
ポチっとよろしくお願いします。

 にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ

訪問して頂きありがとうございます。
ランキングに参加してます。
ポチっとよろしくお願いします。

Page.192

先生もおっしゃってましたが家の母は、物事を良い方向に考えられない性格です。
しかも、疑り深いです。
自分以外の人が言う事はほとんど信用しないと言っても過言ではありません。
ここ数年でその傾向が益々強くなってきてます。

病院の検査の事に関しても「申し訳程度にしてるだけで、あんな検査でなにもわからんわ」などと言う発言は毎度の事です。
それを病室で大きな声で言うのでものすごく気を使います。
ここ最近は、話がチグハグな事を言います。
明らかに、そんなはずはないと言うような話をします。
先日先生と面談した時に、先生から「耳が遠いから話がちぐはぐになっているのか痴呆症の始まりなのか?わからないので頭のMRIと痴呆の検査もしてみます」と言われました。

入院中でやる事がないから、自分で思い込んだ話をしてるのか?痴呆症があるからそのような話になるのか区別をつけかねます。
今日も食間の薬が増えていてその薬は2日間しか飲まないと言うのです。
事前に私が先生から点滴から飲み薬に変えますと聞いていたので、その薬は家に帰っても飲まないとダメな薬だと言っても私の言う事は信用されず・・・怖い顔で叱られました。
その後看護士さんが来た時に確認して、帰ってからも飲まなければならないと言われたら納得するのです。
病室でも酸素を吸っているですが、その酸素は点滴と関連してる酸素・・・?とわけわからない事を言います。
思い込みでヘンテコな事を言うので母の話は鵜呑みにできません。

退院の話にしても、先生から一度も退院話なんて出てないのに、先週退院する話になっていたり次の日に行くと4月の頭まで掛かると言われたとか先生が言ってない事を自分の妄想で話すのか・・・耳が聞こえないから聞こえた部分だけで想像して話すのか?よくわかりません。
先生に直接聞いてみたら「退院の話なんてしてません」と言われました。
点滴治療が終わっているのに、又血管を作ると先生に言われた・・・
だいたい点滴治療で血管なんて作っていません。
この先の透析の為の血管の事を自分で考えてそんな発言になるのか?そのあたりも良くわかりません。
母の話に振り回されます。
痰がでないので吸引を一日3回してますが、その持ってくる時間がきっちりした時間に持ってきてくれないので自分が混乱する・・・などなど
忙しい看護士さんに申し訳ないような事も言います。
元々、きっちりした性格なので、朝は10時昼は1時ときっちりしてほしいようですがそんな自分が思ったようには無理なんですよね。

今日は、元気が無かったです。
体重は順調に減りました。
だけど、退院が迫って来たら、家に帰ってからの事が不安なんだと思います。
私だって不安です。
薬でどれだけ浮腫みを抑えられるかわからないし、先生から自宅に帰って体重がすぐに2.3キロ増えたらもう薬では対応できないと思って下さいと言われてます。
そうなると透析しかありません。

今回の検査で、母が膠原病の抗体を持っている事が分りました。
今までも母の訴える症状が膠原病に似てるので何度か検査はしてたと思うのですが、はっきりと診断されたのは初めてです。
難病指定されている病気なので、特定疾患医療受給者証を受けたら医療費の助成がありますと言われました。
抗体を持っているだけで今は治療の必要はありませんが、神経質な母にその話をすると・・・又色々と気に病んで色んな症状を全部その症状と言い出しかねません。
母にその話を打ち明けるかどうか悩んでいます。
色々と病気を持っているのに、この上またって事は可哀想な気がします。

 にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ

訪問して頂きありがとうございます。
ランキングに参加してます。
ポチっとよろしくお願いします。
Page.191

ご無沙汰になってしまいました。
母の気持ちの浮き沈みが激しくて、それにつられてしまってなんだか力の出ない毎日です。
先生から電話が掛かって来て、母が家族が病気に理解がなくて退院してからの家事をする事が出来なくて不安が一杯だ・・・的な事を訴えていたようです。
家事って言うほどの事は去年の夏以来してません。
洗濯は私が持って帰ってすると言うのに自分でやるからと言う日も時々あります。
だからと言って母がやっている訳ではありません。
父がほとんどやっています。
二階に上がらなければならない用事はほとんどないです。
そんな話を先生にしているのを聞いてなんだかがっくりです。

今回退院してきたら今までの様にはいかないと思っています。
お風呂の介助も、訪問看護の看護士さんの介助はきっと嫌がるでしょうから私がやる事になると思います。
食事の制限も厳しくなるので今までのようにお昼は父が買ってきた物などを食べる生活は無理です。
その事も考えなければなりません。

家事介助は父が要支援1なので介護保険は使えません。
母は父のする掃除やその他の家事が気に入りません。
家の中の掃除も今まで通りきっちりしてほしのです。
私がやったところで気に入らないと思います。
台所も料理を作る訳ではないので汚れる事はありません。
台所とベットを置いてるリビングとトイレ掃除ぐらいですが母の潔癖症は容赦ありません・・・。

長い長い闘病生活から脱出した私も、そろそろ自分の生活を考えなければならない時期でした。
それが母の介護でそれどころでは無くなって来ました。
さてさてどうしましょう

 にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ

訪問して頂きありがとうございます。
ランキングに参加してます。
ポチっとよろしくお願いします。

ご訪問下さりあり、がとうございます。
別居生活9年目息子と二人暮らしです。
元気で楽しくボチボチ暮らしたいと思います。
夢麿御前