2014 / 01
≪ 2013 / 12 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2014 / 02 ≫
Page.2

年明け早々に病院へ続けて行きました。
母は父が運転して行くから大丈夫と言いますが・・・
いつまで父に運転させる気でしょうか。
いつもの距離とは違うし夕方の時間帯に行かなければならないので
私が2日とも付き添いました。

検査の結果では、厳しい食事制限と言う事だったので管理栄養士並みの食事を
作る事なんて私には無理です。
どうか結果が良くなる事を祈っていました。
結果は、腎臓の状態は中の下と言う事で塩分は気にして食事しなければダメですが
その他は、食べ過ぎなければ何を食べても大丈夫だと言う事でした。
とりあえず良かったです。

そして、胸部のCT撮影もしたのでその事も何ら問題ないと言う事でした。
CTの撮影の為に一日多く病院に行ったのです。
腎臓の検査なのになぜ?胸部のCT?と思っていたら・・・
本人が訴えたので検査しておこうと言う事になったようです。
なのに・・・何故?胸部CT撮るんだろうと行った時本人「一緒になってなんでかなぁ?」と
言ってましたが、先に診てもらってた先生が胸のレントゲンで一部気になる所がある
と言ってそのままになっていたのが、母の気がかりだったのでしょうね。
帰り際に先生から言われた言葉が今回の検査のすべてを語ってます。

「気にし過ぎ」です。
まぁここ10年ほどこのような感じで検査検査ばかりです。
結果はオーライで来てる事が多いです。

もう一つ私を悩ますと言うか、良い気分にしてくれない母の愚痴です。
夕食は、私が週に2.3日や多い週は5日ほど運びます。
その食事を父が沢山食べると言うのです。
私も一緒に食べて帰る時もあるのですが、その時は父は食べる量が少ないと感じるぐらいなんです。
なのに母は沢山食べると言うのです。
前置きして「食べ物の事言うのやらしいんやけどぉ」と言いつつです。
父は特別食べ物を制限しなければならないような事も無いんですけどね。
たぶん、なんでも気兼ね無く食べれる父に腹が立つのでしょうね。
それとこっちの方が私を不安に陥れる事なんですけど

「お父さんだいぶ頭もボケて来てるわぁ」

そんな言葉を聞いて私が不安にならないと思っているのでしょうか?
二人のうちどちらかでもボケてもどっちもどうする事も出来ず
私に負担が来るのに・・・
ボケって・・・80歳も超える父です物忘れがあっても仕方ないと思います。
母の一言で私が不安になると考えられないのですね。
老いとはこのように人を変化させるのでしょうか?



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Page.1

実家の母は病院通いで忙しい。
次から次へと検査ばかりしているようです。
本人も疲れるでしょうが、付き添いもきついものがあります。
父が付き添ってましたが今までは母がしっかりしていたので検査の結果や
自分の状態をきちんと把握できていたのですが、耳もすっかり遠くなり
眼も悪い状態なので病院の先生との意思の疎通が難しくなって来ました。
父は付き添いはしてくれるのですが、先生に実際病気の状況などを聞く段階になると
まったくあてになりません。
母は私に付き添われるのは気が使うようで、来なくて良いと言うけれど
結果を聞いておかなければその後、色々と母に愚痴られても対応ができないし
検査の結果次第では厳しい食事療法をしなければならなくなるのに
母からの話だけじゃ私が混乱してしまいます・・・
こんな愚痴ばなし知人に聞いてもらうのも気が引けます。
気が引けると言うか、いい加減聞かされる方も気がめいるでしょう
自分の気持ちの行き場所がなく、ブログで書き綴ろうと思いました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村


ご訪問下さりあり、がとうございます。
別居生活9年目息子と二人暮らしです。
元気で楽しくボチボチ暮らしたいと思います。
夢麿御前