No image

友人達の言葉

先週慌てて投函した喪中の葉書が友人達に届いたようで、電話をくれる友人やLINEをもらったりと様々です。学生時代からの友人ですので、かれこれお付き合いも30年以上になります。他県へ行っちゃった友人は2人だけです。先日京都へ一緒に行った友人が電話をくれました。「何もできなかったかもわからないけど、連絡くれたら何かお手伝いさせてもらったのに」と言ってくれました。「もっと優しい言葉を掛けてあげたら良かった」と反...
No image

バタバタとしてます

先日から父に頼んでいた実家の年賀状のリストを受け取った次の日に我が家にも続々と喪中の葉書が届き出しました。年賀状は12月初旬から取り掛かる人が多いので喪中の葉書は11月中にとネットで調べてはいました。タイミング良く実家の喪中の葉書のリストも見つかったために昨日夜喪中の葉書作成に取り掛かり、今日市役所に葬儀代の還付の手続きをしに行く時に投函してきました。次から次へと大した事でなくても期限のある事なので気...
No image

寂しさはじわじわとやってくる

母が亡くなっても基本私と父の生活に変化はありません。お昼と夜の食事を実家に運び父と一緒に食べます。母はあまり話さなくなっていたので食事の間も無言の事が多かったのですが、父と二人の食卓はとても寂しいです。今週になって生活が通常のリズムに戻ってくると、母が本当にいなくなってしまったのだとしみじみと思ってしまいます。当たり前に、もう二度と逢えないのだと思うとどこかで母が亡くなった事を考えないようにしてし...
No image

父の育った所

昨日は、母の年金の手続きをする為西区の区役所へ父と一緒に行ってきました。私の危なっかしい運転で朝10時に出発し、まずは市役所へ必要な書類を取に行き、その後西区役所へ行きました。チンタラチンタラ運転して行ったので1時間ほど掛かりましたが迷わず到着出来ました。今後の色々な手続きを想定して謄本と抄本の両方を取っておきました。その後年金の手続きの為に、同じ西区にある日本年金機構を探したのですが市内は一方通行...
No image

すんなりと行きません

母が亡くなって間もないはずなのに、日常の色々な事に追われて忙しいです。今時は、手続きに必要な書類を取に行くにも本人でなければ委任状であったり、本人確認書類が必要だったりで行く前にしっかりと確認して行かなければ無駄足になる事が多いです。今日も葬儀代金を振り込みに行くのに、父を誘ったけど行って来てと言われたので一人で銀行へ行きました。私もなんだか今一頭の回転が悪くなっていて、たぶん父を誘ったのは私の意...
No image

母が亡くなりました

本当に急な事でした。金曜日に腎臓内科の診察で、先生から「かなり数値も悪くなってます。」「脚の浮腫みも酷いので早くて12月、遅くて来年には透析になると思っていて下さい。」と主治医から言われました。とりあえず2週間後にもう一度診察をしてそれで決定しましょうと言う事でした。最近の母の状態は、めっきり食欲も落ちてしまって歩くのもやっとになっていました。金曜日病院へ行く為に車に乗るのも大変な思いをして行きまし...