スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切ない話

久々に逢った友人の話を聞いてとても切ない気持ちになりました。
うちの両親と同じ年齢のご両親は二人暮らしだったのですが、数年前からお父さんは脚が不自由になりそれと同じ時期からお母さんの痴呆が始まりだしたようです。
年末にお父さんの体調が急に悪くなり入院したのでお母さんは一人でお正月を迎えたようです。
年末にお正月お店閉まってしまうのに私何を食べよう・・・と友人宅に電話があったみたいです。
その電話に友人は、2日は買い物してみんながそれぞれ持ち寄るので何も買わないでいいからと言ったようです。
しかしですよ・・・1日お母さん何食べたの?と何気に質問してみました
だって「うちのお母さんはもう料理できない」と言ったからです。
お父さんは入院しているので病院で食事ができます。
しかし、お母さんは何を食べたの?
友人の答は「さぁ、知らん」
友人3人で会ったのですが、もう一人の友人もえぇ?と言いましたが
私も友人もそれ以上は何も言えませんでした。

お父さんの退院後はもう二人で生活できないので、二人で施設に入ってもらう為に施設を探していると言ってました。
お父さんの年金は多いので二人でそれなりの施設に入っても大丈夫だそうです。
自分たちの財力で気兼ねなく暮らした方が幸せやなぁと思います。

「持ってるお金全部使ってええ施設へ入れてあげればいいねん。」
もう一人の友人が
「そうやん、現金足らんなったら家売てそのお金もつぎ込んで良い暮らしさせたって・・・」
当の友人
「家売ってまでせんでも大丈夫やと思うわぁ」と言ってました。

子供が何人居ても老後は一人の人が多くなるでしょうね。
子供もそれぞれの事情があるし、親の面倒は見れないのです。

だからこそ!財力は大切!






訪問して頂きありがとうございます。 
ランキングに参加してます。 
ポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。